作業員

風呂釜を交換して安全に使用しよう|業者に頼め

お風呂の保温なら

浴室

風呂ふたには3つのタイプがあり、1つ目がシャッタータイプで、蛇腹状なのでくるくる丸めて収納できます。そして、場所を取らないのが折り畳みタイプ、最後が組み合わせタイプです。2枚から3枚のふたを組み合わせて使い、溝がないので掃除が簡単です。

風呂の保温に必要

浴槽

お風呂のお湯を保温するために欠かせないアイテムが風呂ふたです。風呂ふたがあることで、最後に入浴するひとも温かいお風呂に入ることができます。風呂ふたには様々な種類のものがあり、販売価格や特徴がことなります。

一日の疲れをとる場所

蛇口と工具

一日の疲れを癒す場所のお風呂だからこそ、快適に過ごせるように、掃除がしやすいのが一番です。そこでおすすめなのが、自分の家の浴槽に合ったサイズの風呂ふたにすることです。種類もいくつかあり、一センチ単位で注文できるので浴槽にぴったりな風呂ふたを見つけることができます。

給湯器を取り替える

バスルーム

業者に依頼するメリット

風呂釜は水から湯を作るための重要な設備ですが、耐用年数は10年程度なので古くなってきたら業者に依頼して、交換してもらうことが大切になります。故障してから風呂釜を交換する事もできますが、業者に新しい設備を取り付けてもらうまでは湯が使えなくなるため、早めに交換しましょう。風呂釜が故障する前の兆候としては、点火しなくなったり湯が出なくなる傾向があります。また設定温度の湯が出なくなったり、お湯はりに時間がかかるようになったら故障する直前なので、業者に依頼して風呂釜を交換しましょう。業者に依頼して風呂釜を交換することで、古い設備よりも熱効率が優れているため、光熱費の節約になります。10年前の風呂釜を最新の設備に交換することで、年間にして1万円程度の光熱費がお得になるため、できるだけ早めに交換することがお勧めです。また最新の風呂釜は以前の設備と比べて機能が充実しており、好みの湯量に調整したり自動でお湯はりを行う事ができます。古い風呂釜は給湯能力が低い製品が多いため、一度に多くの場所で湯を使用すると湯の量が少なくなります。業者に依頼して風呂釜を交換してもらう事で、給湯能力が向上するため、複数の場所で同時に湯を使用してもストレスなく使えます。また給湯能力が高い風呂釜に交換する事によって、お風呂に湯を張るまでの時間が短くなります。そのため前もってお風呂にお湯を張って準備する必要はなく、お風呂に入る直前にお湯を張れば入浴することが可能です。