ロゴ

小さいお子さんがいるお母さんでも稼ぐことができる副業をチェック

本業とは別で稼ぐ方法がある

副収入というのは、兼業の形で本業と同じくらいの時間と労力を費やして頑張らないとなかなか稼げないイメージが長くありました。しかしインターネットの普及により、現在では兼業の形よりはるかに短い時間・労力で稼ぐ手段がどんどん増えています。

在宅ワークは求人サイトから探すのが最適!

レディ

在宅ワークは副業として大人気

平日は会社で働いている人が土日のどちらかを利用して日雇い派遣などの外仕事を副業にするケースは昔からたくさんありました。しかし、平日に働いている人は土日は基本的に静養すべきともいえます。そんな中、平日は体を動かす仕事をしている人たちの間では、休日は体を休めつつ自宅でリラックスした状態の中で稼げる在宅ワークが大人気となっています。

女性

産休中や育児期間にも最適

女性の場合、産休中や出産直後は絶対に外で仕事をすることができません。また小さい子供がいる場合も、両親と同居で孫の面倒を見てくれる環境でない限り、ベビーシッターを雇うコストを考えると外で仕事をするのは無理な部分があります。しかし、在宅ワークであれば小さい子供が寝ている間を利用して出来るものもたくさんあり、それらの仕事は子供から目を離せない母親にとっては最適な仕事といえます。

男性

求人情報サイトを見てみよう

現在、在宅ワークの探し方の主流はネットの口コミサイトや比較サイトから自分に合ったものを探すのが主流となってきています。しかし、ネット上の私設ブログ・サイトの中には、自分が紹介料で稼ぐことを目的として特定の怪しい在宅ワークを絶賛しているページが混じっている可能性もあります。一方、求人サイトには情報掲載のための審査があり、怪しい案件はあらかじめ除外されているという側面もあるので、求人情報サイトも仕事を見つける上で役に立ちます。

様々な世代から注目される在宅ワーク・ベスト5【ランキング形式】

手
no.1

ブログ・サイトの広告収入で稼ぐ

こちらは自身の得意とする題材でブログ・サイトを開設し、広告を載せて消費を稼ぐスタイルです。掲載する広告は主に2種類あり、アフィリエイト広告は商品が売れると報酬が発生し、クリック保証型広告はクリックされた時点で報酬が発生します。若い人が有利というわけではなく、知識量が豊富なシニア世代のほうが有利ともいえるので、幅広い世代が自分のメディアを作ってその広告費で稼ぐことに成功しています。

no.2

ライティング(クラウドソーシング)系の仕事

自分の得意とする分野に関して、誰かに替わってコラムや批評文などを書いたりして、その対価を得るというものです。こちらもベテランのほうが有利なため、若い層だけでなく幅広い世代から人気があります。

no.3

アンケートサイト

そんなに多額のお金は稼げない傾向ながら、属性を登録して一般的なアンケートから属性に合う専門的なアンケートに答えて報酬を得る、というスタイルの副業です。

no.4

モニター

特定の企業が世間の評判を知りたがっている商品やサービスを利用して感想を投稿する、というような副業です。専門的な能力はあまりいらないことと、商品やサービスを無料でもらえたり利用できたりする点が人気です。

no.5

ポイントサイト

ポイントサイトは、お買い物をしないでポイントを貯めるとなると、そんな沢山のポイントを稼げるわけではないものの、スマホにてお風呂でゲームをするだけでもポイントがもらえて換金も出来ます。ゲーム好きの人にはおすすめの副業です。

無理なく働ける副業を選ぼう

副業の中には沢山稼げるものの、多くの時間をとられてしまうものもあります。しかし本来、副業とは本業の傍らでわずかな時間・労力にて行うべきものです。向いていない副業の疲れや寝不足問題が本業に影響が及ぼさないように、あまり稼げなくてもストレスなく短時間で出来るものを選ぶのが大事です。

サイトから応募して実際に仕事を始めるまでの流れ

女性

アフィリエイトサイトの場合

アフィリエイトサイトに情報を登録すると、まず広告を掲載したいブログ・サイトの審査が行われ、審査に通過すると自己メディアにようやく広告を貼り付けられるようになります。そして、文章と共にその記事に広告を貼って送客をします。

文章作成系の仕事の場合

文章作成系のサイトに登録した場合は、サイトにログインして様々な文章作成の仕事の中から、うまく文章を書ける自身のあるタスクを選んで文章を書く形となります。

アンケートサイトの場合

アンケート系のサイトに登録した場合は、メールアドレスを登録するとそのアドレス宛にアンケート回答依頼のメールが届きます。そしてメールに記載されているURLからPC・モバイルサイトから回答する形になります。

モニターの場合

サイトからモニター登録したら、送られてくる依頼内容に従って店やサービスを利用する、そして感想を送るといった流れとなります。