作業者

風呂釜を交換して安全に使用しよう|業者に頼め

風呂の保温に必要

浴槽

家族が多い家庭では、風呂ふたを利用して風呂の保温をはかるのが一般的です。風呂ふたがないと、風呂の温度はどんどん下がっていってしまい、最後に入った人は寒い思いをすることになります。追い焚きの費用もかかり、経済的ではありません。風呂ふたには、大きく分けて三種類あり、それぞれ特徴と費用相場が異なります。ライフスタイルや好みに合わせて選び分けると良いでしょう。一つ目が組み合わせふたという種類です。二つに分かれているタイプで、見た目に高級感があり掃除がしやすいのが特徴です。デメリットとしては、立てかける場所が必要なため狭い浴槽には不向きな点、重たいので子供や高齢者にはやや危険な点です。価格相場は三種類の中で最も高く、5000円から10000円程度となっています。二つ目がシャッターふたです。こまかいパーツが組み合わさり、くるくると巻くようにしてふたを開けるタイプです。この風呂ふたは開け閉めが楽で安全というメリットがあります。デメリットとしては、ゴム部分の掃除が面倒、巻いたふたが戻ってくることがあるといった点です。価格相場は3000円から6000円ほどです。三つ目が折りたたみふたです。シャッターふたよりも大きな幅でとられた折りたたみ線にそってパタンパタンと折りたたんでいくものです。価格が安くコンパクトな点が魅力です。商品によっては割れやすいことと、掃除が面倒な点がデメリットです。価格相場としては2000円から4000円ほどです。