作業者

風呂釜を交換して安全に使用しよう|業者に頼め

お風呂の保温なら

浴室

ガス代を節約するためにはお風呂のお湯が冷める前に、家族全員でお風呂に入る事が必要です。お湯を少しでも冷めないようにするには、風呂ふたが重要な役割を持っているのです。普段何気なく使っている風呂ふたですが、実は3つのタイプがあり、特色などから選ぶ事ができるのです。一般的に利用されているのが、シャッタータイプです。これは蛇腹状になっているので、くるくると巻いて収納する事ができます。使っているという家庭も多いでしょう。軽いのでお子様やお年寄りでも扱いやすい特色があります。そして浴室が狭いのでコンパクトに収納したいという場合には、折り畳みタイプが適しています。同じ幅のふたがいくつか連なっており、パタンパタンと畳んで1つにまとめる事ができます。薄いので軽く、場所を取らない特色があります。そして最後が組み合わせタイプです。大きめのふたを2つか3つ組み合わせて使用するのですが、他の風呂ふたに比べて溝がないので掃除がしやすく、保温力も高いと言われています。また高級感があるのも組み合わせタイプの特色と言えるでしょう。このように風呂ふたには3つのタイプがあるので、使いやすさ収納のしやすさ、保温力、掃除のしやすさなどから選ぶ事ができるのです。家族構成や掃除をする手間などから考えて選ぶと良いでしょう。最近では抗菌タイプや、かびにくいタイプなども販売されているので、形状だけでなく長所から比較して選ぶ事もできます。